杉浦先生をお招きし第3回研修会を開催いたしました。

去る3月4日(日)元東京福祉大学心理学部教授 杉浦京子先生をお招きし第3回研修会が開催されました。

今回は箱庭療法の流れを汲む芸術療法で午前は「発達障害児の星と波描画テスト」

杉浦先生がお持ちの症例などを お話しいただき新たに学びを深めることが出来ました。

午後からは「コラージュ療法」。持ち寄った雑誌等で思い思いに切り貼りを。

大きめの四つ切り画用紙と小さな葉書を作成。それぞれに違った手応えでしたがやはりその時々の自分が出て、パーツに違いはあってもとても新鮮な思いで作ることが出来ました。今回も日々学び続けている私たちにはとても貴重な時間でした。

杉浦先生、まだまだ寒さが残る中遠くよりお越しいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

今回で平成29年度北海道新聞社会福祉振興基金助成事業の研修会全3回が終了いたしました。

今この社会の片隅に置き去りにされている子供や大人、そして高齢者たちの声なき声をとらえるべくボランティアやカウンセラーそして心理士として仲間たちと学んできたことをもとにこれらの研修会でその学びをさらに深め、それを社会のために還元し活かしていく。そのことを目標に私たちの団体は日々活動いたしております。

そのための貴重な学びの機会を与えてくださった北海道新聞社会福祉振興基金様に一同心より感謝申し上げます。

皆さま本年度もあと数日を残すところとなりました。NPO法人心のケア・ステーションも皆様のご協力のもと本年度も活動を終えることが出来ました。次年度もご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

FacebookTwitterGoogle+共有