理事長ご挨拶

船島理事長理事長 船島二巳男

「心の豊かな社会」を願って、2000年1月創立されたNPO法人 心のケア・ステーションも13年目を迎えました。創立以来、中央区中島公園駅前で活動を続けてきましたが、この度、創立者であり、前理事長である戸沼文子先生の自宅を開放していただき気持ち新たにスタートしたところです。

創立者の思いを受け継ぎ、本来の活動である地域の中で地域に密着した活動として、青少年育成、特にひきこもり・不登校・幼児教育・親子問題等々に力を入れています。

更に、高齢者向け講座・子育て講座、また情操教育の一環としての親子箱庭体験教室・カウンセリング等、地域の人と共に豊かな社会を目指していきます。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

前理事長 戸沼文子先生

戸沼 文子前理事長

戸沼 文子
前理事長

平 成2年に応用心理学教室を開設して以来、人間性をもっとも大切なものとした応用心理カウンセラーの育成に力を注ぎ、その有志と共に、平成12年 NPO法 人 心のケア・ステーションを立ち上げました。学校のいじめや不登校、若年層の自殺、離婚や幼児虐待が後を絶たず、また、出社拒否やストレスによる心身症 の増加、高齢化社会が抱える介護など、老若男女を問わず諸問題が現代社会には蔓延しております。暗い世相の中にこそ人は助けを求めており、これらの問題に 対処するためにも今ほどカウンセラーの必要性が叫ばれている時代はありません。
同じような問題を繰り返す人や対人関係で何度も失敗をする人は、根本にある問題が解決されず、別の形で問題を繰り返している場合があります。胎教に始まり 性格形成の成り立ちや、父・母の役割、問題発生の要因など、様々な問題を掘り下げて考え、何故そうなったのかという要因を幼少期まで遡り、自分でも忘れて しまっている根の深い部分から改善をはかる方法が精神分析的カウンセリングです。NPO法人 心のケア・ステーションは、これらの諸問題に対し精神分析的 カウンセリングを中心とした折衷主義の立場をとり、相談者一人ひとりに合わせた対応をしております。すべての人が共に幸せを分かち合える社会を創るために 貢献して参ります。
NPO法人は小さな団体ですが、常に真摯に問題と取り組み、現在も学びつつボランティアの一人として、それぞれが広く職場や生活の中で、応用心理学を活かしお役に立っています。
NPO法人 心のケア・ステーションホームページをご覧いただいた皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

FacebookTwitterGoogle+共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です